Exolensを使ってみました

これから夏に向けてお出かけの季節。特に夏フェスとかっていうのは、できるだけ荷物を軽くしたいもの。でも、広い景色は広角で撮りたいというワガママをずっと考えてみたのですが、このタイミングで、iPhone用のカールツァイスレンズが出る、しかも広角で、というので買ってみました。いいお値段しますが、カールツァイス代なんでしょうか? スペックについては語る気がしないので、他の記事をみればいいんじゃないでしょうか?製品WEBサイトにもこれくらい書いて » 続きを読む

イヤホン・ヘッドフォン

ここ最近、イヤホンではなくヘッドフォンを意図的に選ぶことが多い。まさにオーバーヘッド型のやつ。 ウォークマンによってイヤホンが普及し、特にU字型イヤホンが一般的になっていたわけだけども、iPhoneの普及とともに、イヤホンといえばY字型になっていった。 イヤホンは荷物にはならないし、とてもいいのだけど、街歩きで使うと、コンビニでレジ対応するときとかに困る。Y字型だと、耳からはずした後置き場所がない。 ヘッドフォンだと首にかけるだけ。シン » 続きを読む

10年がたちました

このブログの最初の投稿が 2006年6月21日ということで、「あれから」10年が経過したということを今朝知った。 10年前と今を比べると、深化していったと思う。様々な分野に興味を持つというより、普段浸かっている分野の数は減ったけど、よりじっくり浸かるようになった、という感覚に近い。 この10年の間に、iPhoneが発売されたり、Twitterが始まったり、特にモバイル環境は大きく様変わりしたし、情報量は飛躍的に増えたけど、やっていること » 続きを読む

いろんなものを0にする

アジャイル開発のやり方のひとつ、Scrumでは、スプリントの最初に計画をする。計画時に必要とされたタスクとスプリント中に発生したタスクを、0にすることで、プロダクトをインクリメントできるものを造っていくのがスプリントのゴールのひとつで、その進捗を日々確認するために、バーンダウンチャートなどを使う。 ある一定の場所にあるものを0にする、という目標の立て方は、0にした時の気持ち良さを人間が感じるためによく用いられる。人間の感覚の中で最も重要 » 続きを読む

omnifocusのベストプラクティス

Todoistのベストプラクティスを書いたのだけど、Omnifocusについても書いておく。 とはいえ、ひとりの人が"快適"と思えるタスク管理システムのあり方は大きく変わるものではないのでTodoistとはほとんど変わらない。 プロジェクトは2階層まで 日付がないタスクは、「いつかやる」タスクと扱う waiting for は actionable に はOmniFocusでも使えるテクニック。 ただツールの違いとして、omni » 続きを読む

GhostのDesktopアプリが登場

このブログはGhost Proというサービスを使っている。そのGhostのデスクトップアプリが、 4月27日、日本ではGWの直前に登場した。詳細はGhostの公式ブログをどうぞ。 Ghost Desktop Desktop Appダウンロードページ 対応プラットフォームは、Mac / Windows / Linux。とりあえず出たという感じなので、まだまだ開発陣にはやりたいことがたくさんあるという状態なのだと思う。 インターフェイスのメ » 続きを読む